スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣果報告?

2013/10/21
10月14日

本日は連休最終日なので小学生を連れて船で釣りに行ってきました。

子供達に釣り方を教えながら見ていると初心者のK君が、急に重い重いというので根掛かりだと思い竿を借りると生命反応がありました!

すぐにK君に竿を渡してこれは魚や自分で釣りなさいと言いました。

何が釣れているかわからないK君に大物だからゆっくりリールを巻きなさいと言い見ていました。

その後重い重い手が痛いと繰り返しながらも魚体が見えやっとの思いで釣り上げる事が出来ました。

小学生から見るとあまりにも大きなオオモンハタでした。

帰ってから長さを測ると50cmで良く肥えており2kg位はありました。

大喜びのK君に自分で釣り上げた魚は自分で食べなさいと言うと、嬉しそうに微笑んでいました。

そんな笑顔を見ていると、こんな釣りが一番楽しいなと思いました。

NCM_0014_2013102111381763f.jpg

NCM_0013_20131021113816a89.jpg

スポンサーサイト

釣果報告

2013/10/21
10月13日、14日の2日間、広島県よりシマノフィールドテスター内海通人様が2名でチヌ釣りに来られました。

13日は雨の影響で川の水が入り水温が低下したのか、あまりチヌが釣れませんでしたが、14日は濁りのある潮で、40cm~47cmが3枚。30cmサイズも釣れました。

まだ釣れそうな気配がありましたが本日は昼過ぎまでの釣りなので磯替わりしました。


NCM_0005_201310211134307ab.jpg
NCM_0007_2013102111342612c.jpg
NCM_0006_20131021113425f47.jpg



内海様が珍しい魚を釣られたので見せてもらうと初めて見る魚でした。

NCM_0010_20131021113428446.jpg


調べて見るとコバンアジという食べられる魚で、沖縄地方に生息しているそうです。

内海様ありがとうございました!

猛毒魚!!!

2013/10/04
すでに磯釣りをされている方はご存じだとおもいますが、ソウシハギを紹介します。

NCM_0001_201310041630099c5.jpg


写真の一見ウスバハギに似た魚は、内臓にパリトキシンというフグの70倍もの猛毒を持つソウシハギです。

宿毛湾でも磯釣りをしているとたまに釣れます。

幼魚も普通に磯際などで見る事が出来ます。

身には毒が無いとされているため食する地域もありますが、内臓を食べる習慣のある地域では非常に危険です。

今でもウスバハギと勘違いする方がおられます。

調理法によっては危険ですので食べないでください!

その他、毒が無いとされている銀フグ、サバフグそっくりな毒のあるフグも釣れますので、見慣れない魚は、知識のある人に確認してから食べて下さい!

釣果報告

2013/10/01
9月29日

ダイワフィールドテスター岡田建治様がシーマスターのお仲間とチヌ釣りに来られました。

岡田様は以前よりお世話になっており、宿毛湾を熟知されています。

釣果は40cm~46cmまで数枚釣られ、全体では30cm~40までのサイズが多かったです。

NCM_0010_20130930102240a39.jpg


今年は以前とは違う現象が宿毛湾に起こっています。

それは25cmサイズのチヌが釣れる事です。

ここ数年磯で超小型サイズのチヌが釣れた事はあまりありませんが今年は釣れています。

理由としては、おそらく放流の成果が出ているのでしょう。

引きは物足りませんが宿毛湾で成育している証拠なので良いことではないでしょうか。

シーマスターの皆様も釣れたチヌは元気な状態リリースされていました。

これからもチヌが増えるでしょう。

岡田建治様、シーマスターの皆様ありがとうございました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。